記す家

資金計画ってなんのこと?
2019年1月30日 全て資金計画・住宅ローン

家づくりを考えだして一番最初に不安になるのが「お金」のことではないでしょうか?
土地はいくらぐらいするのだろう?家の建築費はいくらで建てれるのか?住宅ローンでいくら借入できるのか?月々の返済はどのくらいになるのか? そもそもよく聞く資金計画ってどうすればいいのか?とお金については分からないことだらけだと思います。

 

そこで今回は、こういった分からないことを一つずつ知っていき不安を解消する「資金計画」について大枠のお話をします。 家づくりを始めるとまず思い当たるのは、土地の立地や広さ、家の大きさや間取りなど、たくさんの希望が出てくると思います。 ですが、まずは自分たちが家づくりにどのくらいのお金を使うことができるのか、家づくりにはどのようなお金が必要なのかを知っておくことが大切です。

 

 

まず、家づくりに使えるお金とは。
“家づくりに使えるお金=住宅ローンでいくら借りれるか?”となりがちですが、これは大変怖い考え方です。 なぜならば「借りる=返済していく」ということだからです。

ではどう考えるのが失敗しない家づくりになるか?

それは、“家づくりに使えるお金=自分たちが無理なく返済していけるお金”と考えることが大切です。
そして無理なく返済していけるお金を考えるには、日々の家計の見直しということから行っていきます。まずは、自分たちがどれぐらい家族の未来とお金について何を知っているか知らないかを理解するためにもシミュレーションすることから始めましょう。
これから将来に向けて、日々の生活や、趣味、子育てなど家族全体でどういったお金が必要になるかをわかる範囲で書き出します。 家計と未来スケジュールを改めて書き出すことで、家計の節約できるものや将来に備えた貯蓄額が明確化してきます。 こういった生活にかかるお金の見直しを行うことで月々の無理なく返済できるお金がわかってきます。

 

次に家づくりに必要なお金についてです。
“家づくりのお金=土地費用+建築費用”となりがちです。 ですが、実際に家づくりに必要なお金は土地・建築費用だけではないのです。
家づくりをする中でかかってくる「諸費用」というものを実は見落としがちなのです。 この諸費用には土地に対するもの、建築に対するもの、住宅ローンに対するものなどたくさんあります。 諸費用の代表例 ・登記費用 ・手数料 ・火災保険、地震保険費用 ・印紙代 ・保証料 ・地盤改良費 などがあげられます。 この他にも、家づくりに必要なお金は外構費用(庭・フェンス等)、引越費用、家電、家具購入費用、各種税金、各祭事費などが必要になってきます。

 

 

この様に「おうち創りに必要なお金」「自分たちが無理なく返済していけるお金」をまず理解する事で土地やおうちの予算を決めていく事がしっかりとした資金計画になります。
当社ではお客様が安心しておうち創りが出来るようこのような資金計画をお客様と一緒に考えていきます。

田辺市の注文住宅なら高気密高断熱の家を建てる 「記す家-amenohci kurashi-」 株式会社山本建築工房 official instagram >>> official facebook >>> 本社 〒646-0021 和歌山県田辺市あけぼの15-10 2F TEL 0739-25-5775 / FAX 0739-25-5779 営業時間 : 09:00~18:00 定休日 : 水曜日 資料請求はこちらから >>> 家づくりのご質問は公式LINE@から >>> 【 施工範囲 】和歌山県 田辺市・白浜町・西牟婁郡上富田町周辺・みなべ町・印南町 そのほかのエリアはご相談ください。
CONTACT
  • tel:0739-25-5775
  • お問い合わせフォームはこちら
  • LINE@
  • Instagram