高気密高断熱住宅とは?

高気密断熱住宅とは?

高気密断熱住宅の説明画像
高気密高断熱住宅とは、家を囲う壁や床、天井などに断熱材を用いて高い断熱性・気密性を実現した住居のことです。夏は日光などによる熱い外気を遮断する断熱、冬には冷気の進入を防ぐ気密性で一年中安定した室内温度を可能にしました。ただ一口に高断熱高気密住宅といっても業者により施行方法は様々です。しかしその基準として法的な定義ではないですが「次世代省エネ基準」というものがあります。この「次世代省エネ基準」では日本全国各地の気候条件に応じ、その地域区分ごとに基準値が設けられています。そしてその基準値を上回るものが高気密高断熱住宅として扱われています。そして近年、次世代省エネ基準は新しく改正され、住宅に関する状況は変化しています。
高気密断熱の判断基準
高気密高断熱住宅と呼ばれる住宅は全て性能は一緒なのか?答えはNOです。基準値をクリアすれば高気密高断熱住宅と呼ばれますが、その言葉だけに騙されてはいけません。実際はその基準値の数値が大切になってきます。そこで高気密高断熱の判断基準となる 基準値のご説明をいたします。まず、『Q値』と『C値』という聞きなれない言葉からご説明いたします。Q値は住宅からの熱損失量の多い少ないを延べ床面積当りで表す数値で、C値は住宅のすき間の量の多い少ないをのべ床面積で表す数値です。聞いたことの ない方からすればまだこの説明では分かりにくいですよね。ただこの二つを理解すると高気密高断熱を知る上でとても役に立つのでもう少しお付き合い下さい。簡潔にいうとQ値は建物から熱が逃げる数値でC値は隙間の大小を表す数値です。どちらも数値が小さ ければ小さい程より優れた高気密高断熱住宅の可能性があります。なぜ可能性があるという言葉を使ったのかを後にご説明いたします。まずはこの知識をもっていれば、「高気密高断熱住宅」と広告しているメーカーさんの良し悪しを判断する材料になるので是非覚えておいて下さい。
Q値についての説明
C値についての説明
高気密高断熱住宅は換気システムがポイント
さて、高気密高断熱住宅の大切な判断基準である『Q値』と『C値』についてお話いたしましたが、この数値がいくら優れていてもそれが住みやすい住宅であるとは言えません。それは何故か?隙間のない家は空気が循環せず、結露やカビ、ハウスダストなど様々 なトラブルの原因になります。よく高気密高断熱で検索をかけるとデメリットとして取り上げられている問題です。これは『C値』だけにこだわり、換気システムに重点を置かなかった住宅を購入したお客様の声がそういったデメリットの部分を作り出しました。 つまりは換気システムが高性能でないとせっかくの高気密高断熱が台無しになってしまうのです。山本建築工房は『C値』に対するこだわりと同様に換気システムにも抜け目はありません。換気システムは『Q値』に多大な影響を与えます。弊社で使用しているの はLIXIL様のECOAIR90という世界トップクラスの熱回収率を誇る高効率・熱交換換気システムを採用しております。この製品は快適さを省エネを両立した画期的なシステムで日本の高温多湿な夏や過乾燥になる冬にでも対応でき、湿度も回収するまさに 高気密高断熱のデメリットをすべて払拭する製品なのです。そしてこの製品には東レ株式会社が開発した究極の極細繊維ナノファイバーを仕様し、VOC・CO2・臭いの分子・雑菌・ウイルス・その他ガスなど一切通しません。このシステムとC値が相まって初めて弊社が目指す高気密高断熱住宅と呼ぶのです。
換気システムエコエア90とナノファイバー
高気密高断熱住宅のコストについて
高気密高断熱住宅はいいことばかりですがここまで高性能であれば心配なのはもちろんコストです。使用する材料や製品,、工法などは従来の住宅よりもコストはかかりますのでもちろん建築費用はあがります。金額の差に悩まれて従来の住宅を選択されるかたも勿 論いますが表面の金額だけをみて判断するのは早急すぎます。それはランニングコストを計算に入れていないからです。住宅は購入して終わりではなく、長く住み続けるものです。そこで住み続けるということは勿論光熱費など生活する上でコストがかかります。そこで先ほどの換気システムの説明の際に少し出てきましたが省エネがこの高気密高断熱住宅の最大のメリットでもあります。山本建築工房では実際にご相談されたお客様にはこの説明を隅から隅まで詳しくお話させていただきます。住み続けた際に最終的には住宅にかかるコストが安くなるのですが、その施行方法やプランを正直お話したくて仕方がありません(笑)。勿論、高気密高断熱以 外の施行方法もたくさんございます。常に仕事で外出をされている人など家を空ける事が多い方は住宅にかかるコストも少なく、住居に重きを置いていない方もいらっしゃるでしょう。そういった生活リズムは人それぞれです。ですから施工方法に対して押し売りはする気は全くございません。お客様の生活リズムなど全ての面できちんとヒアリングをし、一番ベストな建築方法をお探しし、選択肢を広げてあげれるよう精一杯お話させていただきます。まずは冷やかしでも構いません。一度ご相談にお立ち寄り下さい。きっと住宅に対する考え方が180度変わることと思います。
お問合せメールフォームへ

トップ